学校で保健師として働くには

保健師の働く場所の一つに学校があります。 学校に通う学生や教職員の健康管理を行います。 ただ、小学校、中学校、高等学校の養護教諭になるには 保健師の資格だけではなることが出来ません。

教職の免許が必要となり、保健師で養護教諭になりたい人は 文部省の指定する単位を取得しなくてはなりません。 公立学校の場合は公務員試験を受けることになります。 そのため一般教養や面接試験があります。 一方私立の学校の場合は、学校ごとに基準が異なります。

ここ最近では、保健師の資格と教職の資格の両方を 持つ人が増えてきており、これには家庭環境や いじめ問題が深刻化してきていることが原因とされています。

そのような問題を学校でケアできるような 幅広い知識を持った人、対応力のある人が求められているのです。 学校保健師で大切なことは、学生の健康管理や 怪我や病気の応急処置をすることだけではありません。

やはり学生は多感な時期を迎えておりメンタル面で 様々な問題を抱え、向き合っていかなければなりません。 社会人や高齢者のメンタルケアとは少し違った 視点からアドバイスするなどコミュニケーションの方法も変わってきます。

他にも、医務室の設備を整えること、常備薬はきちんと揃っているかなど 医務室を訪れた人に素早く対応できるように日々 整えておくことも保健師の大切なお仕事のひとつです。

また、学校の水道の水質検査や、教室の照明の明るさ、 空気検査など学校の環境衛生を検査することも学校保健師の業務です。 学校保健師は1つの学校で1人しかいないということが普通です。 そのため色々な仕事を全部ひとりでこなせるような 能力や知識が必要不可欠です。

学生や教職員全員の健康管理をしなくてはなりませんし メンタルケアも行い、その上で設備を管理していかなくてはなりません。 学校保健師は仕事が常に忙しいですがとてもやりがいがあります。

そして最近では少子化してるので学校が統合されるところも少なくはありません。 学校数が減ると学校保健師や養護教諭の求人が少なくなってきています。 求人が減少している中で、学校保健師の求人を探すには 保健師の求人サービスを利用することがおすすめです。

ひとりでたくさんの求人の中から少ない求人の学校保健師を 探しだすのはとても大変ですが、専門の求人サービスですと プロのスタッフが自分の代わりに求人を探してくれます。 ですのでより効率よく転職活動ができます。 学校保健師の求人をお探しなら是非利用してみてください。