産業保健師って何をするの?

産業保健師とは企業で従業員の健康管理を行う保健師のことです。 産業保健師の仕事は、その企業で働く従業員の 健康を維持すること、管理することが主な業務です。 産業保健師は企業に設けられた保健室や医務室でお仕事をします。

また、勤務中に体調が悪くなった人を看護したり、 怪我をした人の応急処置をする、健康診断を実施するなど、 学校の保険の先生に似た業務になります。 他にも、従業員から健康相談を受けたり、 または人間関係や仕事に対するストレスや 悩みなどを聞くことも産業保健師のお仕事です。

悩みなどを聞くことで、勤務状況が従業員の 健康を損ねていないか判断ができることもあります。 産業保健師は企業の従業員全員の健康を維持していくのです。 そのため、産業保健師には幅広い知識と判断力と カウンセリング能力がもとめられます。

企業で設けられている医務室には医師が常にいるわけではありません。 常勤の医師がいない企業がほとんどなのです。 そんな時に従業員が体調不良になったり怪我をすることは少なくはありません。

そのようなときに、適切な処置を行うことも保健師のお仕事なのです。 そのため幅広い医療に関する知識と技術が求められるのです。 技術に関しては、従業員を看護するときや怪我を手当てするときなど、 看護師として実務経験があればその時に学んだ技術を活かすことができます。

身体の健康だけでなく、従業員の心の健康も管理しなくてはなりません。 そのため健康相談だけでなく、悩み相談を聞く従業員の 相談相手としての役割も求められています。 ですので、産業保健師の中にはカウンセラーの資格を持っている人もいます。

産業保健師は、企業の中で働く従業員の1人でもあります。 ですので、産業保健師の仕事の対象となる人たちは 自分と同じ会社で働く同僚なのです。

保健師にとっての仕事の目的は従業員の健康維持ですが、 企業にとっては利益を出すことが最大の目的です。 従業員の健康を保健師が管理することで、 企業の利益に反映されてくのです。 企業の一員であるということは忘れてはいけないのです。