保健師の仕事でやりがいを感じたことは?

保健師のお仕事は人々の健康の維持や増進を目的に 健康指導をしていくことです。 しかし看護師や医師は、患者さんの病気を治療して 患者さんが健康になっていくことが目に見えてわかりますが 保健師の場合は、予防をすることですので 結果が目に見えてわからないのです。

結果が目に見えてはっきりわかりませんが、 果たして仕事にやりがいはちゃんと感じるのでしょうか? 実際に保健師として働いている人によると、 自分が関わったの人たちの健康に対する意識が高まったと 感じた時にやりがいを感じるそうです。

やはり人間生きていればいくら予防をしても 病気になってしまうことはあります。 それは仕方ないことであり、たとえ健康指導を した人が病気になったとしても保健師が力不足だったというわけではありません。

保健指導をしえインフルエンザにかかった人が例年より少なかった、 健康診断をしたことで病院に通うようになった人が増えたなど 健康に対する意識が高まったことが数字でわかることがあります。

それ以外に、日々手洗いうがいをきちんとするようになったなど 人々の健康に対する意識が高まったことを実感した時に 保健師としてのやりがいを感じるのです。 また、保健師は指導をする以外に健康に対する相談を受けることもあります。 人の話を聞くということはとても大切です。

相談にきた人や家族の健康に対する不安や苦悩を きちんと聞いて適切なアドバイスをしていかなければなりません。 保健師は健康に対して不安に思っている人たちから 頼りにされており、相談をしたことによって、 不安が軽減される人は少なくはありません。

相談者が保健師に相談した後で、生き生きと生活している 様子を見れた時は自分が力になれたとやりがいを感じるようです。 そして、健康は人が暮らしていく上で一生関わることです。 そのため保健師は人の一生に関わる仕事だと言えます。

看護師や医師は病気を治療して、病気の後に患者さんを笑顔にしますが、 保健師は病気になる前の笑顔でいられる時間を長くする仕事なのです。 保健師の仕事のやりがいに疑問を抱く人も少なくはないと思いますが、 保健師はこのようにとってもやりがいのあるお仕事なのです。