不安な人々の心に寄り添える保健師になりたいものです。

保健師に適している人ってどんな人?

保健師のお仕事は看護師のように人の身体に関するお仕事です。 そのため、責任感が強い人、専門知識を持っており、応用力のある人、 状況判断能力がある人、行動力のある人が向いています。 また、保健師に健康相談をする人は、 自分の健康に関して不安を頂いており、 病気に恐れている人が多いです。

そのような人に優しく対応できる人が適しているのです。 そして保健師の業務内容に健康指導をするということがあります。 健康指導とは、生活習慣の改善を指導したり、 乳幼児の発達診断などをすることです。

そのため、指導的立場に立つ機会が多くある職業なのです。 しかし、指導をする際も、上からモノを言うように 人と接するのではなく、その人と同じ目の高さで 同じ立場に立って指導できることが理想的なのです。

やはり健康に対して不安を抱いている人は、 保健師を頼って相談をしにきているのです。 頼られる立場としては包容力のある人が理想的です。 さらに、人の話にきちんと耳を向けられる人が保健師に最適だと言えます。

指導することもそうですが、健康相談を受けるにしろ、 色々な年齢層の人と接する機会がとても多いです。 そのため人と接することが好きな人ということが大前提になります。 人と接することが嫌いな人はまず続きませんからね。

保健師のお仕事で難しい点といえば、健康診断の結果を見たり、 そこから年齢などを考慮してこれから起こるかもしれない 病気などを想定して指導していかなければならないというところです。 データを読んで解読できなければなりません。

また広い視野も求められているため、 日々向上心を持つことが常に不可欠なのです。 新人のうちは経験値がありませんので、 スキルに関しては足りない部分も多いと思いますが、 保健師として働く以上は、適切な指導ができる 専門家でなくてはならないのです。

保健師の場合は看護師と違って職場に同僚がいるということが少ないです。 そのため徹底的な新人教育が行われることが少ないのです。 ですので、向上心を常に持っている人でなくてはなりません。

しかし、このような人が保健師に向いている人であり、 目指しているけど自分はそんな人じゃないから不安だと 思う人もいるかもしれません。 しかし保健師になってみれば案外自分に適している仕事に なるかもしれませんので、目指している人は諦めず頑張ってみてはどうでしょう。